お知らせブログ

7月21日(土)、酒田市地域福祉センターにて『支援者のつどい』を開催しました。
今回で11回目を数える支援者のつどいですが、庄内の諸団体様からのご協力をいただき、ようやく村山地域を飛び出しての開催をすることができました。
内容としては、第1部は参加者間での“他己紹介”。第2部は「被災地支援」「避難者支援」「その他のテーマ」に分かれてワークショップを行いました。

ワークショップの結果の一部をご紹介します。
<被災地支援>
・仮設住宅に入った方々が復興住宅に入っていく時期が寂しい。その時に何ができるか。
・個人やグループで活動をしている方も多いので、民間や組織と協働した支援の実現すべてできるかというのは難しい。
<避難者支援>
・庄内に避難している方は大きな決意を持ってやってきた。山形や米沢よりも2時間遠い庄内に来た人たちの決意の大きさを感じる。
・避難者支援という言葉に対して。もう避難者ではないのではないか。近くに引っ越してきた方、受け止める地域の心を育てるべきでは。
また、どの地域でも同様で、活動を続けるにあたって人と資金をどう集めるかという点はやはりどこでも共通の課題。
そして、震災での経験を地域づくりにどうつなげて行くのか。そういった、先を見通した課題についても意見が交わされました。
ワークショップ結果は下記URLよりご覧いただけます。
→https://kizuna.yamagata1.jp/modules/con05/index.php?content_id=28

参加して頂いた団体様をご紹介します。(アイウエオ順・敬称略)
・NPO法人イーコム
・NPO法人ひらた里山の会
・NPO法人ぼらんたす
・NPO鶴岡災害ボランティアネットワーク
・NPOりとる福島
・かたづけびと鶴岡
・SeRV(サーブ) 真如苑(しんにょうえん)救護ボランティア
・酒田市総務部総務課危機管理室
・酒田ボラバスネットワーク
・庄内町社会福祉協議会
・曹洞宗山形県第三宗務所ボランティア協議会
・チームはちまき
・鶴岡青年会議所
・フクシマの子どもの未来を守る家
・南遊佐コミュニティー振興会
・山形県環境エネルギー部危機管理・くらし安心局危機管理課復興支援室
・山形県企画振興部県民文化課県民活動プロスポーツ支援室
・んめっちゃ市
そして、個人の皆さん含め、40名近い方々に参加いただきました。

なお、開催にあたり、次の団体様よりご協力をいただきました。
・社会福祉法人 酒田市社会福祉協議会・酒田市ボランティアセンター
・社会福祉法人 鶴岡市社会福祉協議会・鶴岡市ボランティアセンター
・広げようボランティアの輪連絡会議
・特定非営利活動法人 ぼらんたす
・特定非営利活動法人 パートナーシップオフィス

3時間を超えるつどいでした。
参加していただいた皆さま、お疲れさまでした。