おしらせ

「新型コロナウイルス感染症の危機に対応するための休眠預金等活用法の暫定措置に
関する要望書~「誰一人取り残さない」休眠預金制度へ~」

【要望の背景】
新型コロナウイルス感染症が全国的に広がるなか、NPO・NGOは苦しい状況の人たちを
懸命に支えようとし、なくてはならないセーフティネットになっています。
しかし、これらの草の根の民間公益団体は収入の減少やボランティアの参加の減少な
ど、活動を維持・継続させることが困難な状況になっています。
この危機にあたり、苦しい状況にある人たちを市民の参加と協力で支え続けていくた
めには、草の根の民間公益団体を維持・継続させてくための幅広い支援が欠かせませ
ん。
そのため、国会・政府に、現行の休眠預金制度に暫定的な措置を緊急に講ずることを
要望することにしました。

【要望の趣旨】
要望の趣旨は、現在の休眠預金制度のスキームを3年程度一時的に停止し、できるだ
け多くの草の根民間公益団体の維持・継続支援に充ててほしいというものです。
現状の休眠預金制度は、ある程度規模のある団体に、大きな成果を出すことを求める
助成が中心となっています。
これを、今後は、政府がやっている持続化給付金などのように、NPO・NGOの維持・継
続に焦点をあて、全国的に助成するように変えてほしいと要望します。

分野の別を問わず、法人格の種類や有無を問いません。

民間、非営利、公益に対象をあてます。

規模も問わないで、むしろ地域の小さな活動をしっかり支えていくようにしてほしい
と願っています。「誰一人取り残さない」支援が私たちの願いです。

休眠預金活用制度は、法律・政令等でしっかり作りこまれた制度であるため、どこま
で変更が可能かはやってみないと、分からないところがあります。しかし、大切な民
間公益活動促進の資金です。多くの関係者の皆様と議論を巻き起こし、明日の民間公
益活動の維持・発展になんとかつなげていきたいと考えております。

【ご協力・ご賛同お願いします】
日本の民間公益活動を支えるため、本要望書の「賛同者」に是非なってください。ま
た、賛同者を多く募るための「呼びかけ人」に是非なってください。シェアや拡散も
大歓迎です。
個人、団体、どちらでもOKです。
民間非営利公益活動の担い手ならば、法人格の種類・有無は問いません。
締切は、一応5月10日までですが、その後も状況によっては継続する可能性もありま
す。

どうぞ宜しくお願い致します。

【要望書】は以下のURLからご確認ください。

https://drive.google.com/file/d/1wG90uksp7d4ARTHh8x32awRmiesiXVha/view?fbcli

【呼びかけ人・賛同人フォーム】の入力は以下のURLからお願いいたします。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdEzwaRInH3_7nVNFFH2c_YBMoZH0F9c3tWvJalJ-ZwQkEAyg/viewform?fbclid=IwAR3cWPTMDBeYcwRMVCvNVuMqedVlstNrB4cHKdrc6w52qMZGX85KNAYt5uA