お問い合わせはこちら
管理者ログイン
ボランティアのご案内
山形県に避難している皆様へ
↓避難されている方向け情報サイト↓
山形県に避難している皆様へ
前月 昨日 2019年 8月 4日(日) 明日 翌月
9時00分~17時00分

第5期グリーフケアの担い手養成講座のお知らせ

第5期グリーフケアの担い手養成講座のお知らせ
【日時・テーマ・担当講師・会場】
6月9日(日) 悲嘆学・喪失学/ 坂口幸弘 仙台市医師会館 
7月13日(日) 20日(日)キホンのキ/西田 正弘  仙台レインボーハウス
8月4日(日)  スピリチアルケア・宗教学/ 谷山洋三  仙台市医師会館  
9月28日(土 )ナラティヴアプローチ/ 生田 かおる  仙台市医師会館
10月14日(祝) トラウマとグリーフ/ 中谷美保子  未定
11月2日(土) 子どもへのグリーフサポート/ 佐藤利憲  未定 
12月7日(土) わかちあいの会の実践/黒川雅代子 未定
1月予定  緩和医療現場におけるグリーフケア  未定
2月1日(土)  自分を知る/米虫 圭子  未定
3月7日(土) ケアする人のケア/ 瀬藤乃理子  未定    
 
※仙台市レインボーハウス  仙台市 青葉区五橋2-1-15
※仙台市医師会館 仙台市若林区舟丁64-12
※未定の会場は決定次第、ホームページでお知らせいたします。
 
【お申込・お問合せ】
NPO法人仙台グリーフケア研究会事務局へ電話、または メールにてお申し込みください。
TEL: 0 7 0 - 5 5 4 8 - 2 1 8 6
E-meil: g r i e f o f f i c e @ g m a i l . c o m
 
 
10時00分~15時00分

ハリウッドでジャムつくり(7月20日頃〜8月5日頃/大江町)

ハリウッドでジャムつくり

「ハリウッド」はすももの名前です。自分が摘んだ実でマイジャムをつくりませんか。自分好みの、安全なジャムを作って楽しみましょう。すももの摘み取りに案内します。生食も出来ます。ジャムは、レシピをもとに家庭でつくります。つくり方は超簡単。すもも農家が教えるもっとも簡単なレシピは、炊飯器の保温機能を利用してつくるやり方です。「すもも」や「杏子梅」は、大江町の専業農家・林さんや木下さんが提供してくださいます。今年は、希望者の日時に合わせて、個別に対応して実施します。原発避難者だけでなく、交際、交流している家族、友だちと一緒に参加もOKです。実施日時は、申込者の都合に合わせて行います。

実施時期:7月20日頃〜8月5日頃まで
集 合:大江町の中央公民館駐車場  引率し、各自の車で出かけます。
時 間:10:00又は午後14:00〜1時間程度
園 地:大江町本郷地内「すもも」の樹園地
参加費:無料 
※お申込みは電話で受付けます。すもも摘み希望者は、できるだけ早めに連絡ください。 
【お申込み・お問合せ】 ハチドリ一滴の会(代表八矢昭司)
TEL:専080-4512-5402 又は 090-7078-0648
 
14時30分~17時20分

ドキュメンタリー映画自主上映会「福島は語る」(8月4日/長井市)

ドキュメンタリー映画 自主上映会
「福島は語る」

原発事故による被災者100人以上の証言の中から
選び抜かれた14人の”福島の声”

●日時:8月4日(日)14:30〜(171分)

●場所:置賜生涯学習プラザ 2F大研修室
    (長井市九野本1235−1)

●参加費:700円

●上映作品について

(全編171分)
第一章:「避難」
第二章:「仮設住宅」
第三章:「悲憤」
第四章:「農業」
第五章:「学校」
第六章:「抵抗」
第七章:「喪失」
最終章:「故郷」

※上映後、トークタイムを用意しています。

●監督:土井 敏邦氏(「沈黙を破る」「異国に生きる」「飯館村」)

【お問合せ】
「福島は語る」を観る会(森田)
E-mail:tomotomoko128@gmail.com
 
 
  <今日>