お問い合わせはこちら
管理者ログイン
ボランティアのご案内
山形県に避難している皆様へ
↓避難されている方向け情報サイト↓
山形県に避難している皆様へ
前月 昨日 2018年 5月 19日(土) 明日 翌月

「森の休日2018」サポーターの募集!(朝日町)

「森の休日2018」サポーターの募集!
 
 “おとなも子どもも森で遊べ”をテーマに、長井市及びその周辺の自然を活用して活動を行っている「葉っぱ塾」(http://blog.livedoor.jp/happajuku/)では、福島の子どもたちとそのご家族のための短期保養プログラム「森の休日」を、2018年も継続して開催します。この取り組みは、県内外のボランティア関係者のお力をお借りしながら、2012年5月以降、朝日町の宿泊施設「Asahi自然観」で継続的に実施(2012年10回、13年12回、14年12回、15年11回、16年10回、17年10回)してきました。
 「森の休日」は、放射線量の高い地域に住む子どもたちや家族の心のストレスを少しでも解消し、リフレッシュしていただきたいという目的で行なっているものです。
 このプログラムを実施するには、現地で子どもたちやその家族の皆様のサポートをするスタッフが必要になります。具体的には、野外活動の付き添い、子どもたちの遊び相手、お父さん、お母さんたちの話し相手、一緒に夕食づくり、その他の体験活動の提供などです。2日間の連続でなくても、日帰りやパートタイム参加でけっこうです。お子さんとご一緒の参加も歓迎です。
 
 
【当面の開催期日】  ※参加可能な日をお知らせください。
(1)4月21日(土)〜22日(日)     
(2)5月19日(土)〜20日(日)    
(3)6月 9日(土)〜10日(日)   
(4)6月16日(土)〜17日(日)     
(5)7月14日(土)〜15日(日)
 
 
参加者、とりわけ子どもたちは、短い時間を目一杯使って、生き生きと活動してくれるのがとても印象的です。サポーターは山形県民にかぎりません。福島の方や、山形に避難しておられる方など、福島の方々の心がわかる方大歓迎です。
「森の休日」に参加されたお母さんのお一人からは次のような感想をいただいております。
 
★ 自然の中の学びをさせたいと常々思っています。また、様々な体験をさせることで子どもの世界を広げてあげたいです。さらに、同年齢の子どもばかりではなく、異年齢の集団でコミュニケーション力も育てることができたらという思いもあります。
 今回の「森の休日」は、この全てが備わっていて、とても楽しむことができ、有意義な時間となりました。回数を重ねることができたら、親も子も成長できるのではないかと思いました。大変お世話になりました。ありがとうございました。(福島市在住Mさん)
 
この活動へのサポーターとして登録していただき、ぜひ福島の子どもたちと共に歩む活動の一翼を担っていただけたらありがたいです。開催日が近づきましたら手を挙げてくださった方々にご連絡し、参加の可否をお伺いいたします。市町村の社会福祉協議会で「ボランティア保険」に加入の上、お申し込みください。
 
 【申し込み・お問い合わせ】 
葉っぱ塾 八木文明 TEL:090-5230−8819  e-mail:happa-fy@dewa.or.jp
 
※お名前、年齢、ご住所、携帯電話番号、メールアドレスをお知らせください。
 
*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*
☆この「森の休日」の経費については「葉っぱ塾ボランティア支援募金」を活用しています。取り組みを長く継続できるように、募金への呼びかけにもご協力ください。
【葉っぱ塾ボランティア支援募金】
   ■郵便振替口座 02420−5−19722
   ■加入者名   八木文明 ※通信欄に「ボランティア支援」とご記入ください。

★チラシのダウンロードはこちらから(PDF)
 [siteimg width=480 height=360]uploads/fckeditor/uid000001_201712131140579afea82a.jpg[/siteimg]
 

大切な人を亡くした方のわかちあいの会(5月19日/石巻市)

大切な人を亡くした方のわかちあいの会(5月19日/石巻市)

わかちあいの会では、ご遺族同士が、喪失による悲しみ、怒り、辛い気持ちなどを、静かに語り合います。日常生活で語れなかったことを、ご遺族同士わかちあっていただく安心な場所です。
 
■日時・会場:
<石巻会場>
  日時:5月19日(土)14:00〜16:30【毎月第3土曜日】
  場所:石巻レインボーハウス(石巻市中里2−2−3)
 ※今後の予定 6月16日(土)/7月21日(土)

■対象:大切な方を亡くされた方、どなたでも参加可能
 
■参加費:無 料
 
■お申込み:事前の申込みは、必須ではありませんが、
      準備の都合上、ご連絡頂けると助かります。
 
【お問合せ】
NPO法人仙台グリーフケア研究会
TEL:070-5548-2186/E-mail:griefoffice@gmail.com
http://www.sendai-griefcare.org/

 
10時00分~

インタラクティブ・フォーカシング・ワークショップin二本松(5月19日・20日/二本松市)

「インタラクティブ・フォーカシング・ワークショップin二本松」
のご案内
 

インタラクティブ・フォーカシングは、二人組で行うフォーカシングを土台にして、さらに相互作用がセッション中に起こりやすくなるよう工夫されたフォーカシングの発展形です。話し手はゆっくりと間をとって、からだの内側の感じ(ボディセンス=フェルトセンス)を感じながら話をし、聴き手はその話される世界をありありと想像しボディセンスに響かせながら共感的に聴くやりとり(共感的な対話)を続けます。対等な2人の存在そのもの(プレゼンス)と相互作用を通して、話し手には気づきが起こること、聴き手には話し手をより深く理解すること、2人の間には、わかり合え、癒し合える人間関係が築かれることをめざしています。
第2日目には、フルセッションを体験していただきます。インタラクティブ・フォーカシングの醍醐味(人とのつながりやわかり合える喜び、互いの体験を取り込んでより広い世界で生きられそうな実感などが得られる)を味わっていただきたいと思います。
 
 
 
■日時:5月19日(土)〜20日(日)10:00〜16:30
■場所:福島県男女共生センター 第3研修室(福島県二本松市郭内一丁目196−1)
■参加費:1日参加3,000円 2日参加5,000円
■内容:1日目 インタラクティブ・フォーカシングの基礎、シングルウィングまで
    2日目 インタラクティブ・フォーカシング・フルセッション
※1日目のみの参加可能。2日目参加希望の方は必ず1日目を受講ください。

■講師:前田 満寿美氏
   (フォーカシング・トレーナー、インタラクティブ・フォーカシング・マスターティーチャー、臨床心理士)
■対象:対人支援職 定員30名程度
■申込み方法:5/11(金)まで申込用紙に必要事項を記入しFAXかメールにて
※締切を過ぎても定員に達するまで申込み可 
 
【お問合せ】
NPO法人ビーンズふくしま ビーンズこころの相談室(七海)
TEL/FAX:024-563-6255
E−Mail:if.fukushima.group@gmail.com

 
チラシのダウンロードはこちら
 
[siteimg width=500 height=707]uploads/fckeditor/uid000001_20180511163613f6f2c905.jpg[/siteimg]
 
14時00分~16時00分

連続講座 2018 「子どもの貧困入門(1)」(5月19日/山形市)

 「連続講座 2018 子どもの貧困入門(1)」のご案内 
今の日本・山形の貧困問題やそれへの対策・制度の現状などについてイチから学べる連続講座(全10回)を開催していきます。
どなたでも、どの回からでもご自由にご参加いただけます。
今回は、社会福祉法人山形市社会福祉協議会の取り組む貧困対策についてお話しいただきます。
 
●日時:5月19日(土)14:00〜16:00

●場所:滝山コミュニティセンター(山形市上桜田一丁目17−2)

●参加費:無料

●講師:齋藤 竜也氏(山形市社会福祉協議会 福祉まるごと相談員)

【お問合せ】
ぷらっとほーむ(みどり町こどもひろばプロジェクト)
TEL:090-4553-7257(樋口)
E-mail:midori.kodomohiroba@gmail.com
 
☆チラシのダウンロードはこちらから
[siteimg width=489 height=610]uploads/fckeditor/uid000001_201804231031450870e54b.jpg[/siteimg]
 
  <今日>