お問い合わせはこちら
管理者ログイン
ボランティアのご案内
山形県に避難している皆様へ
↓避難されている方向け情報サイト↓
山形県に避難している皆様へ
前月 昨日 2017年 10月 22日(日) 明日 翌月
~23時55分

東日本・家族応援プロジェクトin多賀城2017 団士郎家族漫画展×家族応援セミナー(10月6日〜10月22日/多賀城市)

東日本・家族応援プロジェクトin多賀城2017
団士郎家族漫画展×家族応援セミナー

立命館大学大学院応用人間科学研究科は、2011年から十年間、
毎年東北4県をキャラバンする「東日本・家族応援プロジェクト」を
実施しています。
家族漫画展などを通してみなさまの復興の物語に耳を傾け、社会変革の
witness(目撃者・証人)として存在できたらと願っています。

<団士郎家族漫画展>

●日時:10月6日(金)〜10月22日(日)
    9:00〜21:30

●場所:多賀城市立図書館 3Fギャラリー

●参加費:無料 

<団士郎の漫画トーク>

●日時:10月7日(土)14:00〜15:30

●場所:多賀城市立図書館 1F住まいと暮らしの部屋

<民話と絵本と遊びのワークショップ>

●日時:10月7日(土)10:30〜12:00

●場所:多賀城市立図書館 1F読み聞かせの部屋

<支援者交流会>

●日時:10月6日(金)18:00〜20:00

※会場・会費等詳細は下記連絡先へメールでお問合せください。

[連絡先]
村本邦子(立命館大学教授)E-mail:muramoto@ss.ritsumei.ac.jp

【お問合せ】
多賀城市立図書館
TEL:022-366-6226
 
 

「森の休日2017」サポーターの募集!(朝日町)

福島の子どもたちと家族のための短期保養プログラム「森の休日2017」サポーターの募集!
 
  “おとなも子どもも森で遊べ”をテーマに、長井市及びその周辺の自然を活用して活動を行っている「葉っぱ塾」(http://blog.livedoor.jp/happajuku/)では、県内外のボランティア関係者のお力をお借りしながら、2012年5月以降、福島の子どもたちのための短期保養プログラム「森の休日」を、朝日町の宿泊施設「Asahi自然観」で継続的に実施(2012年10回、13年12回、14年12回、15年11回、16年10回)実施してきました。この取り組みを2017年も継続して開催してゆきます。
 「森の休日」は、放射線量の高い地域に住む子どもたちや家族の心のストレスを少しでも解消し、リフレッシュしていただきたいという目的で行なっているものです。
 このプログラムを実施するには、現地で子どもたちやその家族の皆様のサポートをするスタッフが必要になります。具体的には、野外活動の付き添い、子どもたちの遊び相手、お父さん、お母さんたちの話し相手、一緒に夕食づくり、その他の体験活動の提供などです。2日間の連続でなくても、日帰りやパートタイム参加でけっこうです。お子さんとご一緒の参加も歓迎です。
 
【当面の開催期日】 ※参加可能な日をお知らせください。
(1) 4月29日(土)〜30日(日)   
(2) 5月13日(土)〜14日(日)   
(3) 6月10日(土)〜11日(日)
(4) 6月17日(土)〜18日(日)    
(5) 7月15日(土)〜16日(日)
(6) 9月 2日(土)〜 3日(日)  
(7) 9月23日(土)〜24日(日)    
(8)10月21日(土)〜22日(日)
(9)10月28日(土)〜29日(日)  
(10)11月3日(祝)〜4日(土)
 
 参加者、とりわけ子どもたちは、短い時間を目一杯使って、生き生きと活動してくれるのがとても印象的です。サポーターは山形県民にかぎりません。福島の方や、山形に避難しておられる方など、福島の方々の心がわかる方大歓迎です。
 「森の休日」に参加されたお母さんのお一人からは次のような感想をいただいております。
 
★自然の中の学びをさせたいと常々思っています。また、様々な体験をさせることで子どもの世界を広げてあげたいです。さらに、同年齢の子どもばかりではなく、異年齢の集団でコミュニケーション力も育てることができたらという思いもあります。
 今回の「森の休日」は、この全てが備わっていて、とても楽しむことができ、有意義な時間となりました。回数を重ねることができたら、親も子も成長できるのではないかと思いました。大変お世話になりました。ありがとうございました。(福島市在住Mさん)
 
 この活動へのサポーターとして登録していただき、ぜひ福島の子どもたちと共に歩む活動の一翼を担っていただけたらありがたいです。開催日が近づきましたら手を挙げてくださった方々にご連絡し、参加の可否をお伺いいたします。市町村の社会福祉協議会で「ボランティア保険」に加入の上、お申し込みください。

【申し込み・お問い合わせ】 
葉っぱ塾 八木文明  電話:090−5230−8819  e-mail :happa-fy@dewa.or.jp
※お名前、年齢、ご住所、携帯電話番号、メールアドレスをお知らせください。

☆「森の休日」サポートスタッフ 参加希望報告用紙ダウンロードはこちらから
 
*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*
☆この「森の休日」の経費については「葉っぱ塾ボランティア支援募金」を活用しています。取り組みを長く継続できるように、募金への呼びかけにもご協力ください。
【葉っぱ塾ボランティア支援募金】
■郵便振替口座 02420−5−19722
■加入者名 八木文明
※通信欄に「ボランティア支援」とご記入ください。
 

 
8時00分~15時30分

寺子屋子ども大学 特別授業のご案内 「森の息吹に触れてみよう」〜月山・六十里街道トレッキング〜(10月22日/山形市)

寺子屋子ども大学 特別授業のご案内
「森の息吹に触れてみよう」〜月山・六十里街道トレッキング〜

●日時:10月22日(日)8:00集合〜15:30解散(予定)

●集合場所:山形大学小白川キャンパス

●参加費:1,000円(昼食代、リフト代、保険料など)

●対象:避難家庭および一般家庭の小・中・高校生(小学4年生以上〜)

●定員:先着30名

●コース:山形大学出発/西川町 県立自然博物園ブナ林散策/昼食/
     リフトにて月山、紅葉散策/山形大学到着、解散

●お申込み:参加者名・学校・学年・保護者名・連絡先を明記の上、
    メール、TEL、FAXにて

●連携:西川町月山朝日観光協会

【お問合せ】
寺子屋子ども大学 事務局
(山形大学人文社会科学部 松尾剛次研究室内))
TEL&FAX:023-628-4871/E-mail:kmatsuo@human.kj.yamagata-u.ac.jp
 
 
10時00分~12時00分

山形の秋野菜収穫を楽しむ集いのお誘い(10月8日、22日、29日寒河江市/9日、15日河北町)

 大震災や原発事故で、ひなんしてる家族や福島に戻られたみなさんへ
山形の秋野菜収穫を楽しむ集いのお誘い
 
芋煮会で有名な「里芋」や「秘伝豆」など秋の野菜を収穫し、持ち帰って食べる集いです。安全で新鮮な野菜を親子や仲間で摘み取り、「土と食」のふれあいを実感しましょう。

■秘伝豆の摘み取り(寒河江会場)15〜20人
日時:10月8日(日)10:00〜
場所:寒河江・高瀬ふれあい菜園

■秘伝豆の摘み取り(河北会場)各15〜20人
日時:10月9日(月・祝) 10月15日(日))10:30〜
場所:河北・見晴らしふれあい菜園

さつま芋と里芋堀り(寒河江会場)各15〜20人
日時:10月22日(日) 10月29日(日)10:00〜
場所:寒河江・高瀬ふれあい菜園


●菜園では、参加者家族で収穫した野菜を分け合います。エリアを区切って収穫したりします。
●菜園の場所は、参加申し込みの際に説明します。自家用車等でおいでになる事が必要です。
●栽培面積の関係上、親子の人数などの内訳にもよりますが、一定の人数に達しましたら、参加をご遠慮していただくことになりますのでご了解ください。
●袋は用意しますが、履物や手袋など、写真を参考に作業に対応した準備をして来てください。
●当日、参加費として、ひと家族100 円程度の募金をお願いする予定です。

【参加申込先】主催: ボランティアサークル・ハチドリ一滴の会( 代表 八矢昭司)
TEL:070-1148-1501又は  TEL:080-4512-5402又はTEL:090-7078-0648 八矢まで
 携帯Mail:hachidori-hachi@softbank.ne.jp
 
 
10時00分~16時00分

【山形県母子寡婦福祉連合会】29年度 就職支援セミナー付きパソコン講習会

29年度 就職支援セミナー付きパソコン講習会
募集要項

会場: 
新庄市:株式会社アド・デザイン(新庄市金沢797-3)
山形市:株式会社セラフィム(山形市穂積116-3)

講習内容:
就職支援セミナー:就職準備や離転職に関するセミナー 
         応募書類の書き方、自己分析自己理解、就業に向けての生活環境のチェック
         ビジネスマナー等

パソコン講習会:ワード、エクセル、メール、インターネット等基礎演習

日時:
新庄市:9月10日〜10月29日(各日曜日7回)(9/17休講)
山形市:10月1日〜11月19日(各日曜日7回)(10/8休講)
    10:00〜16:00(初回のみ 10:00〜17:00)
☆具体的な日付はこちらをご覧ください。
http://www.y-boshi.com/self-support/seminar.html

募集人数:各定員10名

対象者:ひとり親家庭の親であれば原則対象となります。
    応募者が多数の場合は、応募締切り後選考させていただきます。

託児:必要な方は、事務局までご連絡ください。(申込書に明記)

費用:無料

募集締切:新庄市:8月28日(月)、山形市:9月19日(火)までに、就業支援講習会受講申込書(別紙3)に必要事項を記入の上、お申込みください。
☆受講申込書はこちらから

申込問合:一般財団法人 山形県母子寡婦福祉連合会
     母子家庭等就業・自立支援センター
     〒990-0021 山形市小白川町2-3-31
     TEL:023-632-2296 FAX:023-633-0961 担当 佐藤(智)
     E-mail:yama-bosijiritu06@key.ocn.ne.jp
 
  <今日>