お問い合わせはこちら
管理者ログイン
ボランティアのご案内
山形県に避難している皆様へ
↓避難されている方向け情報サイト↓
山形県に避難している皆様へ
前月 昨日 2017年 10月 21日(土) 明日 翌月
(継続中)

東日本・家族応援プロジェクトin多賀城2017 団士郎家族漫画展×家族応援セミナー(10月6日〜10月22日/多賀城市)

東日本・家族応援プロジェクトin多賀城2017
団士郎家族漫画展×家族応援セミナー

立命館大学大学院応用人間科学研究科は、2011年から十年間、
毎年東北4県をキャラバンする「東日本・家族応援プロジェクト」を
実施しています。
家族漫画展などを通してみなさまの復興の物語に耳を傾け、社会変革の
witness(目撃者・証人)として存在できたらと願っています。

<団士郎家族漫画展>

●日時:10月6日(金)〜10月22日(日)
    9:00〜21:30

●場所:多賀城市立図書館 3Fギャラリー

●参加費:無料 

<団士郎の漫画トーク>

●日時:10月7日(土)14:00〜15:30

●場所:多賀城市立図書館 1F住まいと暮らしの部屋

<民話と絵本と遊びのワークショップ>

●日時:10月7日(土)10:30〜12:00

●場所:多賀城市立図書館 1F読み聞かせの部屋

<支援者交流会>

●日時:10月6日(金)18:00〜20:00

※会場・会費等詳細は下記連絡先へメールでお問合せください。

[連絡先]
村本邦子(立命館大学教授)E-mail:muramoto@ss.ritsumei.ac.jp

【お問合せ】
多賀城市立図書館
TEL:022-366-6226
 
 

「森の休日2017」サポーターの募集!(朝日町)

福島の子どもたちと家族のための短期保養プログラム「森の休日2017」サポーターの募集!
 
  “おとなも子どもも森で遊べ”をテーマに、長井市及びその周辺の自然を活用して活動を行っている「葉っぱ塾」(http://blog.livedoor.jp/happajuku/)では、県内外のボランティア関係者のお力をお借りしながら、2012年5月以降、福島の子どもたちのための短期保養プログラム「森の休日」を、朝日町の宿泊施設「Asahi自然観」で継続的に実施(2012年10回、13年12回、14年12回、15年11回、16年10回)実施してきました。この取り組みを2017年も継続して開催してゆきます。
 「森の休日」は、放射線量の高い地域に住む子どもたちや家族の心のストレスを少しでも解消し、リフレッシュしていただきたいという目的で行なっているものです。
 このプログラムを実施するには、現地で子どもたちやその家族の皆様のサポートをするスタッフが必要になります。具体的には、野外活動の付き添い、子どもたちの遊び相手、お父さん、お母さんたちの話し相手、一緒に夕食づくり、その他の体験活動の提供などです。2日間の連続でなくても、日帰りやパートタイム参加でけっこうです。お子さんとご一緒の参加も歓迎です。
 
【当面の開催期日】 ※参加可能な日をお知らせください。
(1) 4月29日(土)〜30日(日)   
(2) 5月13日(土)〜14日(日)   
(3) 6月10日(土)〜11日(日)
(4) 6月17日(土)〜18日(日)    
(5) 7月15日(土)〜16日(日)
(6) 9月 2日(土)〜 3日(日)  
(7) 9月23日(土)〜24日(日)    
(8)10月21日(土)〜22日(日)
(9)10月28日(土)〜29日(日)  
(10)11月3日(祝)〜4日(土)
 
 参加者、とりわけ子どもたちは、短い時間を目一杯使って、生き生きと活動してくれるのがとても印象的です。サポーターは山形県民にかぎりません。福島の方や、山形に避難しておられる方など、福島の方々の心がわかる方大歓迎です。
 「森の休日」に参加されたお母さんのお一人からは次のような感想をいただいております。
 
★自然の中の学びをさせたいと常々思っています。また、様々な体験をさせることで子どもの世界を広げてあげたいです。さらに、同年齢の子どもばかりではなく、異年齢の集団でコミュニケーション力も育てることができたらという思いもあります。
 今回の「森の休日」は、この全てが備わっていて、とても楽しむことができ、有意義な時間となりました。回数を重ねることができたら、親も子も成長できるのではないかと思いました。大変お世話になりました。ありがとうございました。(福島市在住Mさん)
 
 この活動へのサポーターとして登録していただき、ぜひ福島の子どもたちと共に歩む活動の一翼を担っていただけたらありがたいです。開催日が近づきましたら手を挙げてくださった方々にご連絡し、参加の可否をお伺いいたします。市町村の社会福祉協議会で「ボランティア保険」に加入の上、お申し込みください。

【申し込み・お問い合わせ】 
葉っぱ塾 八木文明  電話:090−5230−8819  e-mail :happa-fy@dewa.or.jp
※お名前、年齢、ご住所、携帯電話番号、メールアドレスをお知らせください。

☆「森の休日」サポートスタッフ 参加希望報告用紙ダウンロードはこちらから
 
*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*
☆この「森の休日」の経費については「葉っぱ塾ボランティア支援募金」を活用しています。取り組みを長く継続できるように、募金への呼びかけにもご協力ください。
【葉っぱ塾ボランティア支援募金】
■郵便振替口座 02420−5−19722
■加入者名 八木文明
※通信欄に「ボランティア支援」とご記入ください。
 

 
14時00分~16時00分

福島県交流会・相談会(10月21日 米沢市)

 福島県職員による個別相談会・子ども教育お話会・食と健康を話す交流会    福島県交流会・相談会
 
 
【日時】10月21日(土)14:00〜16:00
【場所】置賜総合文化センター (米沢市金池3−1−1)

福島県のことを聞いたり・話したり、今の暮らし・今後の暮らしを一緒に考えていきませんか。
【福島県職員がお応えします、『個別相談会』】
  14:00-15:30 2階第1会議室
みなさんが知りたい避難元の支援情報、避難解除になった町の様子や生活実態など、今の福島を聞ける相談会です。個別相談室も用意しているのでじっくりと相談できます。

【小学生・中学生を持つママのための『教育・子育てお話会』】
  14:00-16:00 2階第2会議室
生活の中で感じている、高校進学のこと・学校のこと・子どもに関する悩み、そして希望。ふくしま子ども支援センター県内外避難者支援コーディネーター三浦恵美里さんをお迎えしたお話会です。

◆【交流会(オープンスペース)『心と身体を食事でパワーアップ』】 
  14:00-16:00 2階まつかわ
ストレスやアレルギーなど身近な健康問題について食事を通して改善するお話しを管理栄養士からお聞きします。また日頃の悩み等の相談も受付ます。
※おすすめレシピの試食があり作り方もお伝えします。

※託児があります。ご利用の方は申込みが必要です。詳しくは、事前にご相談ください。託児申込み締め切りは10月18日(水)です。申込の詳細はチラシ裏面を覧下さい。

お申込はお電話・FAX・E-mailで。
【お申込み・お問い合わせ】
福島県県外避難者生活再建支援拠点〜山形エリア〜
ここふく@やまがた相談支援室 
NPO法人山形の公益活動を応援する会・アミル
〒990-0828  山形市双葉町2-4-38 双葉中央ビル3階
TEL:023-674-0606  FAX:023-674-0808
E-mail: soudan@amill.org  URL:http://www.amill.org
 
14時00分~16時30分

大切な人を亡くした方のわかちあいの会(10月21日/石巻市)

大切な人を亡くした方のわかちあいの会(10月)

 わかちあいの会では、ご遺族同士が、喪失による悲しみ、怒り、辛い気持ちなどを、静かに語り合います。日常生活で語れなかったことを、ご遺族同士わかちあっていただく安心な場所です。
 
■日時・会場:
 
<石巻会場>
  日時:10月21日(土)14:00〜16:00【毎月第2土曜日】
  場所:石巻レインボーハウス(石巻市中里2−2−3)
 ※今後の予定 11月18日(土)/12月16日(土)
 
■対象:大切な方を亡くされた方、どなたでも参加可能
 
■参加費:無 料
 
■お申込み:事前の申込みは、必須ではありませんが、
      準備の都合上、ご連絡頂けると助かります。
 
【お問合せ】
NPO法人仙台グリーフケア研究会 9月1日より下記に移転します
〒980-0022 仙台市青葉区五橋2-1-15 あしなが育英会 仙台レインボーハウス内
TEL:070-5548-2186/E-mail:griefoffice@gmail.com
http://www.sendai-griefcare.org/
 
  <今日>