お問い合わせはこちら
管理者ログイン
ボランティアのご案内
山形県に避難している皆様へ
↓避難されている方向け情報サイト↓
山形県に避難している皆様へ
前月 昨日 2018年 5月 19日(土) 明日 翌月

大切な人を亡くした方のわかちあいの会(5月19日/石巻市)

大切な人を亡くした方のわかちあいの会(5月19日/石巻市)

わかちあいの会では、ご遺族同士が、喪失による悲しみ、怒り、辛い気持ちなどを、静かに語り合います。日常生活で語れなかったことを、ご遺族同士わかちあっていただく安心な場所です。
 
■日時・会場:
<石巻会場>
  日時:5月19日(土)14:00〜16:30【毎月第3土曜日】
  場所:石巻レインボーハウス(石巻市中里2−2−3)
 ※今後の予定 6月16日(土)/7月21日(土)

■対象:大切な方を亡くされた方、どなたでも参加可能
 
■参加費:無 料
 
■お申込み:事前の申込みは、必須ではありませんが、
      準備の都合上、ご連絡頂けると助かります。
 
【お問合せ】
NPO法人仙台グリーフケア研究会
TEL:070-5548-2186/E-mail:griefoffice@gmail.com
http://www.sendai-griefcare.org/

 
10時00分~

インタラクティブ・フォーカシング・ワークショップin二本松(5月19日・20日/二本松市)

「インタラクティブ・フォーカシング・ワークショップin二本松」
のご案内
 

インタラクティブ・フォーカシングは、二人組で行うフォーカシングを土台にして、さらに相互作用がセッション中に起こりやすくなるよう工夫されたフォーカシングの発展形です。話し手はゆっくりと間をとって、からだの内側の感じ(ボディセンス=フェルトセンス)を感じながら話をし、聴き手はその話される世界をありありと想像しボディセンスに響かせながら共感的に聴くやりとり(共感的な対話)を続けます。対等な2人の存在そのもの(プレゼンス)と相互作用を通して、話し手には気づきが起こること、聴き手には話し手をより深く理解すること、2人の間には、わかり合え、癒し合える人間関係が築かれることをめざしています。
第2日目には、フルセッションを体験していただきます。インタラクティブ・フォーカシングの醍醐味(人とのつながりやわかり合える喜び、互いの体験を取り込んでより広い世界で生きられそうな実感などが得られる)を味わっていただきたいと思います。
 
 
 
■日時:5月19日(土)〜20日(日)10:00〜16:30
■場所:福島県男女共生センター 第3研修室(福島県二本松市郭内一丁目196−1)
■参加費:1日参加3,000円 2日参加5,000円
■内容:1日目 インタラクティブ・フォーカシングの基礎、シングルウィングまで
    2日目 インタラクティブ・フォーカシング・フルセッション
※1日目のみの参加可能。2日目参加希望の方は必ず1日目を受講ください。

■講師:前田 満寿美氏
   (フォーカシング・トレーナー、インタラクティブ・フォーカシング・マスターティーチャー、臨床心理士)
■対象:対人支援職 定員30名程度
■申込み方法:5/11(金)まで申込用紙に必要事項を記入しFAXかメールにて
※締切を過ぎても定員に達するまで申込み可 
 
【お問合せ】
NPO法人ビーンズふくしま ビーンズこころの相談室(七海)
TEL/FAX:024-563-6255
E−Mail:if.fukushima.group@gmail.com

 
チラシのダウンロードはこちら
 

 
  <今日>