お問い合わせはこちら
管理者ログイン
ボランティアのご案内
山形県に避難している皆様へ
↓避難されている方向け情報サイト↓
山形県に避難している皆様へ
TOP  >  お知らせブログ  >  WEB管理者  >  センターより  >  3.11キヲクのキロク 〜ひとことノート〜

WEB管理者 さんの日記

 
2012
3月 21
(水)
15:51
3.11キヲクのキロク 〜ひとことノート〜
本文
【3.11キヲクのキロク 市民が撮った震災記録写真パネル展in山形 (同時開催) 山形から被災地へ〜活動のキロク〜】

山形の皆さまからご協力いただいた写真を、2/28〜3/11までの間、山形市霞城セントラル23階「NPOギャラリー」にて展示しました。

ご来場いただいた皆さまからもたくさんのお言葉をいただきました。


●大震災を振り返って!!まもなく一年の月日が過ぎようとしています。いつまでも記憶に残していく事がこれからの私たちの義務と思います。いつまでも記憶に残していく事がこれからの私たちの義務と思います。時、場所を選ばす災害は発生します。常に対応できる様考えておきましょう。

●人の価値観が変わってしまう程の大災害。その生々しい状況や復興のために活動されている方々の大変さが伝わってきました。まだたくさんの傷跡が被災地には残されているのに、1年とたたずに風化し始めている現状があると思います。そうした中でのこの写真、パネルの展示はとても意義があることと思いました。

●市民の目線でとらえた震災の様子、そしてボランティアの活動。我々は何かを学び、今後につなげななくてはならないのではないか。

●記憶というものは本当にあてにならない。すぐ忘れてしまうので(私自身)このように記憶をみんなで記録するというのはとても意義があることだと思いました。これからも続けていってほしいです。

●同じ時期に様々な人が各地で活動されていた事がわかり、私も今後も関わっていこうと思いました。忘れてはいけない震災の記録、これからも定期的に行ってほしいです。

●ツイッターでみかけて来てみました。市民目線の記録、良いですね。

●この記録を風化させないようにしないといけないですね。

●もうすぐ1年、長かったのか、短かったのか。一人の力ではあまりにも小さく、何もできません。だからこそ、多くの人と手をとり、何かできる事をしたいと思います。

●もう1年たつんですね。長かったよーな短かったよーな。でも1日も忘れた時なんてなかった。

●重い想いが伝わります。皆さんは3月11日という日をどう過ごされますか?私は今とても悩んで迷ってます。寄り添って被災地にいるべきなのか?家族との絆を確認するために家族と過ごす方がいいのか?

●6月から行きだした山ボラ隊との見慣れたエネオス、倉庫があんなにガレキがあったとは知らなかった。もう少ししたらSBSで参加します。早く仲間に会い活動したい!

●改めて地震というものの怖さを感じました。もうすぐ震災から1年が経ちます。震災があったことはこれから後世の人に伝えていくべきだと思います。

●3.11を思い出すたび、複雑な気持ちになる。改めて、自分の生活や自分にできる事を考えなおしたい。

●一刻も早い復興を心から願うのみ。

●今朝のTVを見て支援ボランティアの活躍を是非写真で見てみたく白鷹より来ました。震災に多くの方が犠牲になり大変で心から深くお見舞い申し上げると共に多くのボランティアの方々にご苦労様と感謝の気持ちをお伝えしたく、存じ上げます。

●あの日からもう少しで1年経とうとしています。この間の事の様に覚えています。たくさんの人が産業、人、家を失いました。この写真を見て何とも言えない気持ちになりました。この事を忘れてはいけない、次の世代に伝える事が私たちの役目だと思います。

●住民目線の被災後の様子、改めて心に染みました。私も少しだけ足を運びました。(バスや先輩方に連れて行ってもらって)でもこんなに色んな団体の大勢の人が行っているとは。小さい力でも集まると大きいですね。復興にはまだまだ、当時のままの風景の残る被災地です。小さい力をずーっと継続していく必要を改めて感じています。皆で一緒に少し関われた事、嬉しく思います。

●今後も自分ができる事を続けていきたいと思います。パネル展、企画してくださりありがとうございました。またどこかでしてほしいです。

●心からお見舞い申し上げます。被災地の皆様、お体に気をつけられまして日々お過ごしください。

●本当に大変な出来事でした。毎日テレビを見ながら涙をこぼしています。この写真をみて、少し、私も元気づけられました。全国からの暖かいご支援、本当にありがたいです。がんばろう東北!

●写真を見ていると、ボラや活動に行ったついでなのか、主にすごい写真を撮りにいったのかが人によって伺えます。

●ありがとう。一人ひとりの力がみんなの力です。泣くことよりも笑顔を元気を届けたい。みなさんの笑顔をみるために明日も明後日も。

●早いもので1年、まだまだ元の生活にはほど遠いでしょうが1日も早い事を祈っております。貴重な写真ありがとうございました。

※3.11キヲクのキロク「ひとことノート」より抜粋させていただきました。
☆ご協力頂いた皆さま、ご来場頂いた皆さま、ありがとうございました!
閲覧(5747)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。