お問い合わせはこちら
管理者ログイン
ボランティアのご案内
山形県に避難している皆様へ
↓避難されている方向け情報サイト↓
山形県に避難している皆様へ
TOP  >  お知らせブログ  >  WEB管理者  >  センターより  >  「第27回 支援者のつどい」 開催ご報告

WEB管理者 さんの日記

 
2013
12月 3
(火)
16:12
「第27回 支援者のつどい」 開催ご報告
本文
「第27回 支援者のつどい」を 11月27日に開催し、主に避難者の心のケアに
ついて意見交換がなされました。 
 
【参加団体・人数】 
16団体、1個人  全参加者数 20名  
          
民間団体  活動分野
・カウンセリング      3団体
・保養受入         1団体
・避難当事者団体    1団体
・情報・中間支援      3団体 
・研究機関(大学)     1団体
・スポーツ支援       1団体
・個人            1名 
     
公的団体
・山形市総務部防災対策課
・山形市社会福祉協議会
・山形県社会福祉協議会
・山形県 環境エネルギー部 復興・避難者支援室
・山形県 企画振興部県民文化課県民活動プロスポーツ支援室
・山形県議会議員

 
取材
・共同通信社 

 
開催場所:山形市男女共同参画センター 会議室
   
以下、話し合われた内容の要約です。
 

 −−−−−−−
 

 
 [保養受入]
・リピーターに参加を促し一人一人、丁寧にケアすることを念頭に実施している。
・山形県内の最上地区、置賜地区で保養受いれを検討している方がいる。
・他県では、東北の事情を知らないまま保養者を受入、利用者とトラブルになる
ケースがあり、山形の保養受入方法を学びたいとの声がある。
・保養参加者数は実施直前まで確定せず、公共の合宿施設は利用しにくい。

 
[心のケア]
・心のケアは、本質的な悩みが個々に違う。それぞれにケアしなければいけない。
 専門分野がそれぞれ違い、対応できる分野、できない分野がある。
・地域資源としてマンパワーが圧倒的に足りない。(同意見、多数)
・山形県が音頭を取り、新しい環境づくりの場を作ってほしい。
・セルフケアにタッチタイピングがある。 
・支援が必要なのは「ひきこもっている」方。
・医療機関の薬の影響で カウンセリングで問題整理できないことがある。
・「寄り添い」支援は資格がなくともできる支援だ。実際に「寄り添い」が大切。
 
・医療を受ける必要がある人は目立つが、それ以外に仰うつ状態の方は多くいると予想
 される。
・「悲嘆のプロセス」では、否定→怒り→取引→抑うつ→受容のプロセスをたどるが、
 原発事故では最後の「受容」ができない方が多い。
 根本的に解決できないのであれば、ストレス対処に強くして体調が悪くなるのを防ぐ
事が必要。抑うつから抜け出すには「生きがい(意味のある、やりがいのある)」を
作ることが効果的。
・被災者が元気がなくなるのは当たり前なので「自分が元気がなくてダメな人間」だと
思わない事が大切。
   
 
[心のケア・地域ネットワーク] 
・物理的な災害が起きたあと、必ず心の災害がおこる。予防する、調査する、マッチ
ングする、ケース会議する、アウトリーチする。などが必要。
・被相談者の調査を追跡できる機関が必要。行政と民間の協働が少ない。被相談者を
「立ち直る」程度まで引き上げる作業が必要。
・心のケアができる地域資源が少ない。市町村との中継、インフォーマルな地域資源の
 中継、心理イベント、情報収集源との中継などが行える場所がほしい。
・避難者という枠で行わず、移住者として扱い福祉のケース会議をおこない役割を降ろ
していけばよいのではないか。市町村の福祉関係課も積極的に協力してほしい。

  
 
[支援ネットワーク] 
・生活支援相談員と民生委員と民間支援団体の訪問が重なっているところでは、同じ事
を3回聞かれるとの声がある。
 
  
   
[避難者サロン状況]
・高校進学情報会を実施。福島県や山形県の進学の仕組みの違い、学校の状況が判った
 との声が多い。横のつながりもできた。
・イベント参加者が少なくなっているとの意見があるが、内容が良ければ、すぐに集まる。
  
 
 
[就業支援]
・新潟での交流会に参加した。広域避難者のための内職ビジネス事業をおこなう団体が
あった。
・避難者向けトータルジョブサポートというサービスが山形市内にある。

 
 [スポーツ支援]
・山形市、米沢市で週一回、避難している子ども達を対象にサッカー教室をしている。
 告知方法を模索している。  


[県外の状況]
・復興住宅等への引っ越しボランティア活動は、調整協議会を作る動きがある。
 活動を行う団体は事前に連絡、調整するのがよいだろう。


以上
閲覧(2648)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。