お問い合わせはこちら
管理者ログイン
ボランティアのご案内
山形県に避難している皆様へ
↓避難されている方向け情報サイト↓
山形県に避難している皆様へ
トップ  >  各種情報・お知らせ  >  [終了]ケアする人のケアセミナーin福島 ―生命を慈しむ文化と精神的復興―(1月22日 郡山市)
[終了]ケアする人のケアセミナーin福島 ―生命を慈しむ文化と精神的復興―(1月22日 郡山市)

 ケアする人のケアセミナーin福島

―生命を慈しむ文化と精神的復興―
 
「震災・放射能によって分断されたコミュニティから、支えあいの文化をどう編みなおすか」―震災から5年がたち、さまざまな困難を抱えながらも回復していく活動の中から、未来の支えあいにあるべき希望が見えてきます。とりわけ、介護、介助や子育てなど、誰かを支えることに苦闘しながらも乗りこえてきた人たちのこれまでを振りかえり、見えてきた希望をみなさまとともに語り合いたいと思います。

日時:2017年1月22日(日)10:30〜16:00(10:00受付開始)
会場:ビックパレットふくしま 3階 中会議室、小会議室1・2・3
(〒963-0115 福島県郡山市南二番町52番地)
参加費:無料
定員:200名
対象:家族介護者や子育て中の人、医療・福祉職員・子育て支援など日常的にケアに関わっている人、ケアする人のケアに関心のあるNPO・大学生など
 
プログラム:
10:00 受付
10:30 主催者あいさつ
10:40基調講演(1) 精神的復興〜文化が支える回復のプロセス〜
   金菱清/東北学院大学教養学部地域構想学科 教授
11:30基調講演(2) 復興とケア
   播磨靖夫/一般財団法人たんぽぽの家 理事長
12:20昼休憩
   ランチタイム・コンサート
   一般社団法人箏PLAN 生田流箏曲佳寿美会 若手箏曲演奏かすみッ子
   いわきユニバーサルマルシェ
13:30 分科会(1) ともに回復する現場
    〇事例報告
     富田愛/ NPO 法人ビーンズふくしま・みんなの家@ふくしま事業
     佐藤定広/認定NPO 法人南相馬ファクトリー 代表理事
    〇フロア・ディスカッション
     コーディネーター:丹波史紀 ふくしま連携復興センター 代表理事
 
    分科会(2) ケアする家族をどう支えるか
    〇事例報告
     中野真理子/ NPO 法人子育て支援グループこころ 理事長
     植木美子/一般社団法人ダブルケアサポート 理事
    〇フロア・ディスカッション
     コーディネーター: 森口弘美 同志社大学社会学部社会福祉学科 助教
 
    分科会(3) てつがくカフェ 〜 希望を編む 〜
     ファシリテータ:
      西村高宏/てつがくカフェ@せんだい、福井大学 学術研究院 医学系部門 准教授
     ファシリテーション・グラフィック:
      近田真美子/てつがくカフェ@せんだい、東北福祉大学 健康科学部 講師
 
 
15:15 総括 〜各分科会で何が語られたか 〜
     パネラー:丹波史紀、 森口弘美、西村高宏、近田真美子
 
主催:一般財団法人 住友生命福祉文化財団、一般社団法人たんぽぽの家
協力:NPO法人シャローム、NPO法人しんせい、NPO法人エイブル・アート・ジャパン
 
 
 【お申し込み先】
NPO法人しんせい TEL/FAX:024-983-8138
〒963-8022 福島県郡山市西の内1 丁目25-2
 
【セミナーに関するお問い合わせ先】
一般財団法人たんぽぽの家〒630-8044 奈良県奈良市六条西3-25-4 
TEL 0742-43-7055 FAX 0742-49-5501 E-mail carecare@popo.or.jp
 
NPO 法人シャローム事務局〒960-8035 福島県福島市本町5-31 ヨツヤビル1階
TEL・FAX 024-563-1680 Email info@nposhalom.net