お問い合わせはこちら
管理者ログイン
ボランティアのご案内
山形県に避難している皆様へ
↓避難されている方向け情報サイト↓
山形県に避難している皆様へ
トップ  >  各種情報・お知らせ  >  [終了]第3回シンポジウム あれから5年 〜わたしたちはフクシマを忘れない〜 ー帰還を巡る諸問題ー(11月19日 東京都新宿区)
[終了]第3回シンポジウム あれから5年 〜わたしたちはフクシマを忘れない〜 ー帰還を巡る諸問題ー(11月19日 東京都新宿区)

 第3回シンポジウム あれから5年 

〜わたしたちはフクシマを忘れない〜 ー帰還を巡る諸問題ー
 
 東日本大震災発生から5年半が経過し、避難元地域では帰還政策が進められています。避難者は、「強制避難者」から「帰郷者」となるのか、「自主避難者」となるのか、あるいは「移住者」となるのか、選択を迫られます。他方では、表面的には何らかの判断を下しながらも、避難元であるふるさととどのようにつながっていくべきか、つながっていけるのかという心の葛藤も生まれます。今回のシンポジウムでは、帰還を早めて早期に避難元地域を復旧しようとする動きのなかで、住民を取り巻く状況とそこで生じる課題に焦点をあて、福島の現状について理解を深めるとともに、われわれができることについて一緒に考えていきたいと思います。当事者あるいは支援者として活動されている3名を報告者にお迎えし、それぞれの取り組みをご報告いただきます。
 
◆司会
長田 攻一(シニア社会学会理事、「災害と地域社会」研究会座長)
川副早央里(早稲田大学文化構想学部現代人間論系助手)
 
◆報告者
遠藤義之(富岡町いわき地区広域自治会「さくらの会」事務局、(株)観陽亭代表取締役)
高坂 徹(NPO法人「かながわ避難者と共にあゆむ会」副理事長)
多田曜子(復興ボランティア支援センターやまがた事務局)
 
◆コメンテータ
浦野正樹(早稲田大学教授、早稲田大学人文科学総合研究センター<現代社会の危機
と共生社会創出に向けた研究>部門代表)
松村 治(早稲田大学地域社会と危機管理研究所研究員)
伊藤まり(福島県浪江町民)
 
日時:2016年11月19日(土)14:00〜17:00
 
場所:早稲田大学戸山キャンパス33号館低層棟6階第11会議室(地下鉄東西線早稲田駅より徒歩5分)
 
申込み方法:氏名・連絡先を明記し、メール(jaas@circus.ocn.ne.jp)または電話&FAX(03-5778-4728)にてシニア社会学会事務局までご連絡ください。
 
参加費:無料
 
共催:一般社団法人シニア社会学会「災害と地域社会」研究会・早稲田大学総合人文科学研究センター<現代社会の危機と共生社会創出に向けた研究>部門
後援:早稲田大学地域社会と危機管理研究所