お問い合わせはこちら
管理者ログイン
ボランティアのご案内
山形県に避難している皆様へ
↓避難されている方向け情報サイト↓
山形県に避難している皆様へ
【保養利用】福島のみなさんのための家族保養「胡桃閑荘(くるみかんそう)で小さな森の休日」2017

 福島のみなさんのための家族保養

      くるみかんそう
「胡桃閑荘で小さな森の休日」
 
 2012年から福島の子どもたちとその家族のための週末保養「森の休日」に取り組んできた「葉っぱ塾」では、2016年春から、新たな保養の取り組みを開始しました。
 
 「葉っぱ塾」の敷地内にある8畳2間(洋室1、和室1)、バス、キッチン、トイレ付の15坪の小さなはなれをリフォームし、また並行して荷物の片づけや行き届いていなかった部分の清掃なども、少しずつ進め、2016年4月下旬に運用を開始いたしました。初年度は8家族のみなさんにご利用いただき、好評をいただいています。
 
 50年ほど前、父がこの建物を建てたとき、その南側に大きなクルミ(胡桃)の木がありました。よくわが家を訪ねてくださっていた父の恩師、佐藤柊波(しゅうは)先生は、かつて県立長井高校の校長として勤務された方で、俳人であり書家でもありました。その佐藤先生が、たいそうここを気に入ってくださって、『胡桃閑荘』と名付け、木の板にこの文字を書いてくださったものが、今も玄関に掲げられています。
 
 今、クルミの木はありませんが、その周囲にはブナ、ホウノキ、トチなどの木々が育って、春から秋までは、さながら「小さな森」のようになります。この建物を、福島の皆さんの家族単位の保養にご活用いただきたいと考え、ご案内を申し上げます。
 
 「ボランティア支援募金」で取り組んでいる週末保養「森の休日」に対し、こちらは利用者の協力金で運営してゆく方向で考えており、「小さな森の休日」と呼んでおります。
 
 山形県長井市のこの家は、米沢市中心部からは車で40分程度。山形市内まで40キロ余り、車で1時間程度。蔵王温泉までは50キロあまり、車で75分程度、山形蔵王インターまでは45キロ、車で70分程度のところに位置しています。
500m以内の場所に、コンビニ、スーパーマーケット、コインランドリー、郵便局があります。また、車で10分程度のところに「はぎの湯」という温泉があります。
厳冬期は原則的に利用の受け付けはしておりませんがご相談に応じます。おおよそ3月下旬から12月中旬ということでお考えください。
 
 時折「葉っぱ塾」のお客様のご利用もありますが、福島の方々のご利用を最優先いたします。ぜひご活用ください。
 
 
  くるみかんそう
『胡桃閑荘』利用のご案内
 
 
1.所在地 〒993-0053 山形県長井市中道2-16-40
 
2.利用期間 3月下旬〜12月中旬(ただし厳冬期については、ご相談ください。)
 
3.利用人数 大人2名、子ども3名ぐらいまで(寝具は5人分準備しています。)
 
4.利用日数 1泊〜10日間程度 (ご希望があればお伺いします。)
 
5.利用協力金 1泊〜3泊   大人1000円  子ども500円(1泊あたり)
        4泊〜9泊   大人 800円  子ども400円(1泊あたり)
        ※利用初日に納入ください。
        ※それ以上の期間ご利用の場合はご相談ください。
 
6.備品など 台所用品一揃い、食器類、炊飯器、冷蔵庫、エアコン(洋室のみ)
       洋式水洗トイレ、給湯器バス&シャワー、寝具(5人分)、
           
7.申し込み 電話またはメールで、ご希望の日程をお知らせください。
       空き状況をお知らせの上、滞在期間を決定し、こちらとしての到着希望日時をお知らせします。
       電話090-5230-8819   メール happa-fy@dewa.or.jp
 
8.その他 (1)屋内での喫煙はご遠慮ください。玄関付近に灰皿などは準備します。
      (2)最低限の日用品は準備します。洗剤、シャンプーなど、限定品を使用の方はご自身のものをお持ちください。
      (3)ゴミについては、生ゴミ以外は原則お持ち帰りをお願いします。こちらで処分する場合は、お帰りの際¥500をいただくことになります。
      (4)調味料などは、最低限のもの(塩、砂糖、油など)はこちらで提供できるものがありますが、お好みのものは各自で持参ください。利用される方に事前にお知らせいたします。
      (5)緊急時に備えて、健康保険証は必ずご持参ください。
 
【お問合せ先】
葉っぱ塾 代表 八木文明
電話090-5230-8819  メール happa-fy@dewa.or.jp